• shopping cart
※12月30日午前中までの注文(決済完了分)は12月30日に発送します。それ以降は1月5日発送になります。

【玄人向け】【ELRS】BetaFPV ELRS Nano TX Module 【日本技適対応品】

【玄人向け】【ELRS】BetaFPV ELRS Nano TX Module 【日本技適対応品】
¥5,400 SOLD OUT
ELRS 2.4G用ロングレンジモジュール
【ELRS】BetaFPV ELRS Nano TX Module 【日本技適対応品】

※この製品は日本語マニュアルもなくかなり設定が難しいので【玄人向け】とさせていただきます。BetaFPVサイトで理解できる方のみご購入下さい。

【玄人向け】マニュアルはありませんので下記URLをご参照に設定してください。
https://betafpv.com/collections/expresslrs-series/products/elrs-nano-tx-module

【ExpresLRS Radio Link】
https://support.betafpv.com/hc/en-us/sections/4402604654873-ExpresLRS-Radio-Link

BETAFPV Nano RF TXモジュールは、RCアプリケーション用のオープンソースRCリンクであるExpressLRSプロジェクトに基づいています。 ExpressLRSは、速度、遅延、および範囲の両方で可能な限り最高のリンクパフォーマンスを実現することを目的としています。 これにより、ExpressLRSは、長距離のパフォーマンスを提供しながら、利用可能な最速のRCリンクの1つになります。

仕様
パケットリフレッシュレート:25Hz / 50Hz / 150Hz / 250Hz / 500Hz(2.4GHz)
RF出力電力:100mW / 250mW / 500mW
周波数帯(ナノRFモジュール2.4Gバージョン):2.4GHz ISM
周波数帯(ナノRFモジュール915MHz / 868MHzバージョン):915MHz FCC / 868MHz EU
入力電圧:5V〜12V
USBポート:Type-C

ダイアグラム
BETAFPV Nano RFモジュールは、nanoモジュールベイ(別名liteモジュールベイ、Frsky Taranis X-Lite、Frsky Taranis X9D Lite、TBS Tango 2など)を備えた無線送信機と互換性があります。

ファームウェアをアップグレードする
弊社製のNanoレシーバーとTXモジュールのストックファームウェアはELRSV1.0.0-RC5(5番目のリリース候補版)です。
ELRS Innovativeチームは、7月17日に最初のメジャーバージョンV1.0.0を正式にリリースしました。 いくつかの更新があります:

2.4G NanoTXモジュールは500Hzのリフレッシュレートをサポートします。
Nanoモジュールのボタンを3回短く押すと、バインド状態になります。

TXモジュールとレシーバーを最初のメジャーバージョンV1.0.0にアップグレードすることを強くお勧めします。 また、パイロットは、可能であれば、このGithubページで最新のリリースバージョンを確認できます。

ノート:
1. TXモジュールとレシーバーは同じELRSバージョンである必要があります。そうでない場合、バインディングは失敗します。
2.TXモジュールはWiFi経由のアップグレードをサポートしていません。 ExpressLRSConfiguratorを使用してファームウェアをアップグレードしてください。
ELRS RX / TXのファームウェアをフラッシュする方法のユーザーマニュアル。

基本構成
ExpressLRSは、Crossfireシリアルプロトコル(別名CRSFプロトコル)を使用して、無線送信機とNanoTXモジュール間の通信を行います。 したがって、無線送信機がCRSFシリアルプロトコルをサポートしていることを確認してください。 OpenTXシステムで無線送信機を使用して、CRSFプロトコルとLUAスクリプトを設定する方法を示します。 これを設定するには、OpenTXシステムでモデル設定を入力し、[モデル設定]タブで[内部RF]をオフにします。 次に、「外部RF」を有効にし、プロトコルとして「CRSF」を選択します。

ExpressLRSは、OpenTX LUAスクリプトを使用して、バインドやセットアップなどのTXモジュールを制御します。 LUAスクリプトを使用すると、パイロットはNano RFTXモジュールのいくつかの構成を確認および設定できます。 詳しくはサポートページをご覧ください。

ELRS.luaスクリプトファイルを無線送信機のSDカードのScripts / Toolsフォルダーに保存します。
「SYS」ボタン(RadioMaster T16または同様の無線機の場合)または「メニュー」ボタン(Frsky Taranis X9Dまたは同様の無線機の場合)を長押しして、ワンクリックで実行できるELRSスクリプトを見つけることができるツールメニューにアクセスします。
以下の画像は、LUAスクリプトが正常に実行されたことを示しています。

バインドおよび出力電力
Nano TXモジュールは、ELRSを介してバインディングステータスに入る可能性があります。 「LUAスクリプト」の章で説明されているLuaスクリプト。 さらに、モジュールのボタンを短く押すと、バインディングステータスに入る可能性があります。

注:バインディングステータスに入るとき、LEDは点滅しません。 モジュールは、5秒後に自動でバインディングステータスを終了します。 短く連続して3回押してバインドします。

Nano RF TXモジュールは、ELRSを介して出力電力を切り替えることができます。 「LUAスクリプト」の章で説明されているLuaスクリプト。 また、モジュールのボタンを長押しすると、出力電力が切り替わる場合があります。

以下に示すように、RFTXモジュールの出力電力とLED表示。

LED Color RF output power
Blue 100mW
Purple 250mW
Red 500mW
BETAFPV ELRS Nano TX module user manual download.

セット内容:
1 * BETAFPV ELRS Nano TX module
1 * BETAFPV Moxon antenna
1 * Nano TX module user manual
ELRS 2.4G用ロングレンジモジュール
【ELRS】BetaFPV ELRS Nano TX Module 【日本技適対応品】

※この製品は日本語マニュアルもなくかなり設定が難しいので【玄人向け】とさせていただきます。BetaFPVサイトで理解できる方のみご購入下さい。

【玄人向け】マニュアルはありませんので下記URLをご参照に設定してください。
https://betafpv.com/collections/expresslrs-series/products/elrs-nano-tx-module

【ExpresLRS Radio Link】
https://support.betafpv.com/hc/en-us/sections/4402604654873-ExpresLRS-Radio-Link

BETAFPV Nano RF TXモジュールは、RCアプリケーション用のオープンソースRCリンクであるExpressLRSプロジェクトに基づいています。 ExpressLRSは、速度、遅延、および範囲の両方で可能な限り最高のリンクパフォーマンスを実現することを目的としています。 これにより、ExpressLRSは、長距離のパフォーマンスを提供しながら、利用可能な最速のRCリンクの1つになります。

仕様
パケットリフレッシュレート:25Hz / 50Hz / 150Hz / 250Hz / 500Hz(2.4GHz)
RF出力電力:100mW / 250mW / 500mW
周波数帯(ナノRFモジュール2.4Gバージョン):2.4GHz ISM
周波数帯(ナノRFモジュール915MHz / 868MHzバージョン):915MHz FCC / 868MHz EU
入力電圧:5V〜12V
USBポート:Type-C

ダイアグラム
BETAFPV Nano RFモジュールは、nanoモジュールベイ(別名liteモジュールベイ、Frsky Taranis X-Lite、Frsky Taranis X9D Lite、TBS Tango 2など)を備えた無線送信機と互換性があります。

ファームウェアをアップグレードする
弊社製のNanoレシーバーとTXモジュールのストックファームウェアはELRSV1.0.0-RC5(5番目のリリース候補版)です。
ELRS Innovativeチームは、7月17日に最初のメジャーバージョンV1.0.0を正式にリリースしました。 いくつかの更新があります:

2.4G NanoTXモジュールは500Hzのリフレッシュレートをサポートします。
Nanoモジュールのボタンを3回短く押すと、バインド状態になります。

TXモジュールとレシーバーを最初のメジャーバージョンV1.0.0にアップグレードすることを強くお勧めします。 また、パイロットは、可能であれば、このGithubページで最新のリリースバージョンを確認できます。

ノート:
1. TXモジュールとレシーバーは同じELRSバージョンである必要があります。そうでない場合、バインディングは失敗します。
2.TXモジュールはWiFi経由のアップグレードをサポートしていません。 ExpressLRSConfiguratorを使用してファームウェアをアップグレードしてください。
ELRS RX / TXのファームウェアをフラッシュする方法のユーザーマニュアル。

基本構成
ExpressLRSは、Crossfireシリアルプロトコル(別名CRSFプロトコル)を使用して、無線送信機とNanoTXモジュール間の通信を行います。 したがって、無線送信機がCRSFシリアルプロトコルをサポートしていることを確認してください。 OpenTXシステムで無線送信機を使用して、CRSFプロトコルとLUAスクリプトを設定する方法を示します。 これを設定するには、OpenTXシステムでモデル設定を入力し、[モデル設定]タブで[内部RF]をオフにします。 次に、「外部RF」を有効にし、プロトコルとして「CRSF」を選択します。

ExpressLRSは、OpenTX LUAスクリプトを使用して、バインドやセットアップなどのTXモジュールを制御します。 LUAスクリプトを使用すると、パイロットはNano RFTXモジュールのいくつかの構成を確認および設定できます。 詳しくはサポートページをご覧ください。

ELRS.luaスクリプトファイルを無線送信機のSDカードのScripts / Toolsフォルダーに保存します。
「SYS」ボタン(RadioMaster T16または同様の無線機の場合)または「メニュー」ボタン(Frsky Taranis X9Dまたは同様の無線機の場合)を長押しして、ワンクリックで実行できるELRSスクリプトを見つけることができるツールメニューにアクセスします。
以下の画像は、LUAスクリプトが正常に実行されたことを示しています。

バインドおよび出力電力
Nano TXモジュールは、ELRSを介してバインディングステータスに入る可能性があります。 「LUAスクリプト」の章で説明されているLuaスクリプト。 さらに、モジュールのボタンを短く押すと、バインディングステータスに入る可能性があります。

注:バインディングステータスに入るとき、LEDは点滅しません。 モジュールは、5秒後に自動でバインディングステータスを終了します。 短く連続して3回押してバインドします。

Nano RF TXモジュールは、ELRSを介して出力電力を切り替えることができます。 「LUAスクリプト」の章で説明されているLuaスクリプト。 また、モジュールのボタンを長押しすると、出力電力が切り替わる場合があります。

以下に示すように、RFTXモジュールの出力電力とLED表示。

LED Color RF output power
Blue 100mW
Purple 250mW
Red 500mW
BETAFPV ELRS Nano TX module user manual download.

セット内容:
1 * BETAFPV ELRS Nano TX module
1 * BETAFPV Moxon antenna
1 * Nano TX module user manual
再入荷通知を希望する

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「kigaru.co.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「kigaru.co.jp」を許可するように設定してください。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 佐川急便/西濃運輸カンガルー便

    北海道 1000円
    沖縄 1500円

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 ¥1,000
    • 東北

      • 青森県 ¥770
      • 岩手県 ¥770
      • 宮城県 ¥770
      • 秋田県 ¥770
      • 山形県 ¥770
      • 福島県 ¥770
    • 関東

      • 茨城県 ¥770
      • 栃木県 ¥770
      • 群馬県 ¥770
      • 埼玉県 ¥770
      • 千葉県 ¥770
      • 東京都 ¥770
      • 神奈川県 ¥770
      • 山梨県 ¥770
    • 信越

      • 新潟県 ¥770
      • 長野県 ¥770
    • 北陸

      • 富山県 ¥770
      • 石川県 ¥770
      • 福井県 ¥770
    • 東海

      • 岐阜県 ¥770
      • 静岡県 ¥770
      • 愛知県 ¥770
      • 三重県 ¥770
    • 近畿

      • 滋賀県 ¥770
      • 京都府 ¥770
      • 大阪府 ¥770
      • 兵庫県 ¥770
      • 奈良県 ¥770
      • 和歌山県 ¥770
    • 中国

      • 鳥取県 ¥770
      • 島根県 ¥770
      • 岡山県 ¥770
      • 広島県 ¥770
      • 山口県 ¥770
    • 四国

      • 徳島県 ¥770
      • 香川県 ¥770
      • 愛媛県 ¥770
      • 高知県 ¥770
    • 九州

      • 福岡県 ¥770
      • 佐賀県 ¥770
      • 長崎県 ¥770
      • 熊本県 ¥770
      • 大分県 ¥770
      • 宮崎県 ¥770
      • 鹿児島県 ¥770
    • 沖縄

      • 沖縄県 ¥1,500

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

ショップの評価

ELRS 2.4G用ロングレンジモジュール
【ELRS】BetaFPV ELRS Nano TX Module 【日本技適対応品】

※この製品は日本語マニュアルもなくかなり設定が難しいので【玄人向け】とさせていただきます。BetaFPVサイトで理解できる方のみご購入下さい。

【玄人向け】マニュアルはありませんので下記URLをご参照に設定してください。
https://betafpv.com/collections/expresslrs-series/products/elrs-nano-tx-module

【ExpresLRS Radio Link】
https://support.betafpv.com/hc/en-us/sections/4402604654873-ExpresLRS-Radio-Link

BETAFPV Nano RF TXモジュールは、RCアプリケーション用のオープンソースRCリンクであるExpressLRSプロジェクトに基づいています。 ExpressLRSは、速度、遅延、および範囲の両方で可能な限り最高のリンクパフォーマンスを実現することを目的としています。 これにより、ExpressLRSは、長距離のパフォーマンスを提供しながら、利用可能な最速のRCリンクの1つになります。

仕様
パケットリフレッシュレート:25Hz / 50Hz / 150Hz / 250Hz / 500Hz(2.4GHz)
RF出力電力:100mW / 250mW / 500mW
周波数帯(ナノRFモジュール2.4Gバージョン):2.4GHz ISM
周波数帯(ナノRFモジュール915MHz / 868MHzバージョン):915MHz FCC / 868MHz EU
入力電圧:5V〜12V
USBポート:Type-C

ダイアグラム
BETAFPV Nano RFモジュールは、nanoモジュールベイ(別名liteモジュールベイ、Frsky Taranis X-Lite、Frsky Taranis X9D Lite、TBS Tango 2など)を備えた無線送信機と互換性があります。

ファームウェアをアップグレードする
弊社製のNanoレシーバーとTXモジュールのストックファームウェアはELRSV1.0.0-RC5(5番目のリリース候補版)です。
ELRS Innovativeチームは、7月17日に最初のメジャーバージョンV1.0.0を正式にリリースしました。 いくつかの更新があります:

2.4G NanoTXモジュールは500Hzのリフレッシュレートをサポートします。
Nanoモジュールのボタンを3回短く押すと、バインド状態になります。

TXモジュールとレシーバーを最初のメジャーバージョンV1.0.0にアップグレードすることを強くお勧めします。 また、パイロットは、可能であれば、このGithubページで最新のリリースバージョンを確認できます。

ノート:
1. TXモジュールとレシーバーは同じELRSバージョンである必要があります。そうでない場合、バインディングは失敗します。
2.TXモジュールはWiFi経由のアップグレードをサポートしていません。 ExpressLRSConfiguratorを使用してファームウェアをアップグレードしてください。
ELRS RX / TXのファームウェアをフラッシュする方法のユーザーマニュアル。

基本構成
ExpressLRSは、Crossfireシリアルプロトコル(別名CRSFプロトコル)を使用して、無線送信機とNanoTXモジュール間の通信を行います。 したがって、無線送信機がCRSFシリアルプロトコルをサポートしていることを確認してください。 OpenTXシステムで無線送信機を使用して、CRSFプロトコルとLUAスクリプトを設定する方法を示します。 これを設定するには、OpenTXシステムでモデル設定を入力し、[モデル設定]タブで[内部RF]をオフにします。 次に、「外部RF」を有効にし、プロトコルとして「CRSF」を選択します。

ExpressLRSは、OpenTX LUAスクリプトを使用して、バインドやセットアップなどのTXモジュールを制御します。 LUAスクリプトを使用すると、パイロットはNano RFTXモジュールのいくつかの構成を確認および設定できます。 詳しくはサポートページをご覧ください。

ELRS.luaスクリプトファイルを無線送信機のSDカードのScripts / Toolsフォルダーに保存します。
「SYS」ボタン(RadioMaster T16または同様の無線機の場合)または「メニュー」ボタン(Frsky Taranis X9Dまたは同様の無線機の場合)を長押しして、ワンクリックで実行できるELRSスクリプトを見つけることができるツールメニューにアクセスします。
以下の画像は、LUAスクリプトが正常に実行されたことを示しています。

バインドおよび出力電力
Nano TXモジュールは、ELRSを介してバインディングステータスに入る可能性があります。 「LUAスクリプト」の章で説明されているLuaスクリプト。 さらに、モジュールのボタンを短く押すと、バインディングステータスに入る可能性があります。

注:バインディングステータスに入るとき、LEDは点滅しません。 モジュールは、5秒後に自動でバインディングステータスを終了します。 短く連続して3回押してバインドします。

Nano RF TXモジュールは、ELRSを介して出力電力を切り替えることができます。 「LUAスクリプト」の章で説明されているLuaスクリプト。 また、モジュールのボタンを長押しすると、出力電力が切り替わる場合があります。

以下に示すように、RFTXモジュールの出力電力とLED表示。

LED Color RF output power
Blue 100mW
Purple 250mW
Red 500mW
BETAFPV ELRS Nano TX module user manual download.

セット内容:
1 * BETAFPV ELRS Nano TX module
1 * BETAFPV Moxon antenna
1 * Nano TX module user manual
通報する
KigaruDrone