• shopping cart
※土曜・日曜・祝日の発送業務はありません。ご了承下さい。

BetaFPV

【玄人向け】【ELRS】BetaFPV Beta85pro2 Brushless Whoop Quadcopter (1S)
【玄人向け】【ELRS】BetaFPV Beta85pro2 Brushless Whoop Quadcopter (1S)
ELRS 2.4G用ロングレンジモジュール 【ELRS】BetaFPV Beta85pro2 Brushless Whoop Quadcopter (1S) ※この製品は日本語マニュアルもなくかなり設定が難しいので【玄人向け】とさせていただきます。BetaFPVサイトで理解できる方のみご購入下さい。 【玄人向け】マニュアルはありませんので下記URLをご参照に設定してください。 https://betafpv.com/collections/expresslrs-series/products/beta85-pro2-whoop-quadcopter-2s 【ExpresLRS Radio Link】 https://support.betafpv.com/hc/en-us/sections/4402604654873-ExpresLRS-Radio-Link 2インチプロペラと2.4G ELRS受信機、350mWのVTXでマイクロなのに長距離フライト可能 85サイズの2セルながら屋内および屋外でもフライト可能。 フライト時間UPとトルクをアップ 2.4G ELRS受信機を内蔵! ※BT2S300mAhバッテリー1個付 The FC board is the F4 1S 12A FC (ELRS 2.4G), which integrates BLHeli_S 12A ESC and SPI ExpressLRS 2.4G receiver. 5.8G VTX M03 could provide highest 350mW output power. So both the radio link and FPV video link could be long enough. It comes with Caddx Ant FPV camera and nano HD canopy. Specification Weight: 42g (without battery) FC: F4 1S AIO FC(No Rx) / F4 1S 12A FC (ELRS 2.4G) Motors: 1103 11000KV with connector Props: Gemfan 2020 4-Blades Props Camera: C02 Micro Camera / Caddx Ant Camera (only for ELRS 2.4G version) Frame: Beta85 Pro2 Frame Canopy: Canopy for micro camera / Canopy for Tiny Whoop Drone Receiver Option: SPI Frsky FCC / Futaba S-FHSS / TBS Crossfire / ELRS 2.4G VTX: Integrates 25mW VTX / M03 25-350mW VTX (only for ELRS 2.4G version) Battery: 300mah 2S Battery Flight time: 3minutes with 300mAh 2S battery Package 1 * Beta85 Pro 2 Whoop Quadcopter (2S) 1 * 300mAh 2S 45C Battery (Not for PNP version) 1 * Gemfan 2020 4-Blades Props 系統図 ※日本語マニュアルは現在付きません。
¥15,400 SOLD OUT
【玄人向け】【ELRS】BetaFPV Meteor65 Pro Brushless Whoop Quadcopter (1S)
【玄人向け】【ELRS】BetaFPV Meteor65 Pro Brushless Whoop Quadcopter (1S)
ELRS 2.4G用ロングレンジモジュール 【ELRS】BetaFPV Meteor65 Pro Brushless Whoop Quadcopter (1S) ※この製品は日本語マニュアルもなくかなり設定が難しいので【玄人向け】とさせていただきます。BetaFPVサイトで理解できる方のみご購入下さい。 【玄人向け】マニュアルはありませんので下記URLをご参照に設定してください。 https://betafpv.com/collections/expresslrs-series/products/meteor65-pro-brushless-whoop-quadcopter-1s 【ExpresLRS Radio Link】 https://support.betafpv.com/hc/en-us/sections/4402604654873-ExpresLRS-Radio-Link 35mmプロペラと2.4G ELRS受信機、350mWのVTXでマイクロなのに長距離フライト可能 65サイズの1セルながら屋内および屋外でもフライト可能 新型フレームに回転数を19500kvに下げ、フライト時間UPとトルクをアップ 2.4G ELRS受信機を内蔵! ※BT1Sバッテリー2個付 Specification Item: Meteor65 Pro 1S Brushless Whoop Weight: 22.0g (without battery) FC&ESC: F4 1S 5A FC (ELRS 2.4G) Frame: Meteor65 Pro 65mm 1S Brushless Frame Motors: 0802SE 19500KV Motor Props: 35mm 3-blade props (1.0mm Shaft) Camera: C02 Camera VTX: M03 25-350mW VTX Canopy: Canopy for Micro Camera Battery: BT2.0 300mah 1S Battery Flight time: 4 minutes Package 1 * Meteor65 Pro Brushless Whoop Quadcopter (1S) 2 * 300mAh 1S 30C Battery with BT2.0 connector 1 * BT2.0 Battery Charger and Voltage Tester 1 * TypeC USB cable 1 * Customized Carry Case 1 * Spare 35mm 3-blade props (1.0mm Shaft) 1 * Screwdriver 系統図 ※日本語マニュアルは現在付きません。
¥15,800 SOLD OUT
【新バージョンMeteor65】BetaFPV Meteor65 V2 1S 65mm Brushless Whoop BNF コンボセットケース付 Futaba / Frsky
【新バージョンMeteor65】BetaFPV Meteor65 V2 1S 65mm Brushless Whoop BNF コンボセットケース付 Futaba / Frsky
【ニューバージョンMeteor65】BetaFPV Meteor65 1S 65mm Brushless Whoop BNF コンボセットケース付 Futaba / Frsky です。 コンボセット:専用ケース・BT2.0バッテリー2本・BT2.0USB充電器(チェッカー機能付き)・スペアプロペラ・ドライバー付属です。 VTX・レシーバー(Futaba/FrskyX)内蔵の最新オールインワンF4 1S FC搭載 ボールベアリング仕様では無い軽量の0802 19500KVモーター採用 KigaruDroneセッティング: マイルドな仕様で初心者からレーサーまで対応出来る機体にしました。 FrskyとS-FHSS(FUTABA)のどちらかをお選び下さい。 安定飛行で初心者からプロまで楽しんでいただけます。19500KVのパワフルなモーター。 超軽量のFCで23g(バッテリーなし) ※テストフライとして動作確認し出荷します。 ※FrskyはS-FHSS(FUTABA)用をこちらで切り替えます。スティック調整などはお客様でお願いします。 バインド方法 Futabaはプロポの電源を先にONしてください。 バッテリーを繋いだままで赤丸のボタンをピンセットなどで押します。 離すと青丸の赤LEDが点滅します。この時バインド待ち状態です。 FrskyXやFutabaなどのプロポのバインド状態にします。 LED点灯でバインド完了です。 ベータフライト10.4.*以上に接続しMODE設定でスイッチの割当(ARMスイッチ/Modeスイッチ等)デフォルトではARMスイッチ(AUX1) Modeスイッチ(AUX2)になっています。 プロポのサブトリムやエンドポイントを調整してください。 ※BetaFright Configfator 10.4.*以上を使用してください。 ※FPVフライトのためにはアマチュア無線技士免許及び送信機の開設申請が必要です。 パッケージ内容 Meteor65 BNF 専用ケース BT2.0 1S300mAhのHVバッテリー2個 BT2.0USB充電器 スペアプロペラ ドライバー 日本語簡単マニュアル VTX系統図
¥15,400 SOLD OUT
【タイニーコンボセット】BetaFPV Cetus Pro FPV Kit【プロポ日本技適対応品】
【タイニーコンボセット】BetaFPV Cetus Pro FPV Kit【プロポ日本技適対応品】
BetaFPV Cetus Pro FPV Kit 75サイズ機体・プロポ・ゴーグル・充電器・バッテリーのフルセットです。 機体は高度維持機能が付いた初心者でも飛ばせます。 設定済み、開封してすぐ飛ばせるコンボセットです。 ※Frsky_D8でバインド設定されています。 ※F1(5740) F4(5800) の2バンドでお使い下さい。E1(5705)は選択できません。 75サイズのブラシレスモーターでパワフルで操縦しやすいです。 これから始められる方に最適ですぐにFPVフライトが可能 OSD付きでプロポ操作で設定可能! メーカーページをご参照下さい。 https://betafpv.com/collections/ready-to-fly-fpv-whoop-kits/products/cetus-pro-fpv-kit Specification Positioning system: Optical flow/ Barometer/ Laser Height positioning: Laser/ Barometer Position locating: Optical flow (effective height 0.3-3m) Accuracy of auto-hover: Horizontal ±0.2m, vertical ±0.3m (under no wind environment) Receiver protocol: Frsky D8 Flight controller: Lite 1-2S Pro brushless FC VTX: 25mW Camera tilt degree: 30° Camera: C02 FPV Micro Camera Transmitter: Literadio2 SE Transmitter TX mode: Mode 1 & Mode 2 optional Goggles: VR02 Goggles Motor: 1102-18000KV Brushless motor Propeller: 40mm 3-blade 1.5mm shaft hole Takeoff weight: 33.19g (without battery) Power system: 1S Battery: BT2.0 450mah 1S Battery (external) Flight time: 4-5min Flight distance: 80m (in wide & undisturbed environment) Package Package 1 * Cetus Pro Brushless Quadcopter 1 * LiteRadio2 SE Transmitter (Frsky D8 Protocol) 1 * VR02 FPV Goggles 2 * BT2.0 450mAh 1S Lipo Battery 1 * BT2.0 Battery Charger and Voltage Tester 1 * USB Charging Cable (Type-C) 1 * Type-C Adapter 1 * Prop Removal Tool 4 * 40mm 3-blade Props 2 * User Manual 1 * Portable Storage Bag VTX系統図 参考日本語マニュアル(Cetus Kit用)メールで送ります。 ※Frsky_D8でバインド設定されています。 ※FPVフライトのためにはアマチュア無線技士免許及び送信機の開設申請が必要です。
¥32,500
BetaFPV Beta65S V2 Newバージョン 1S 65mm ブラシモーター BNF BT2.0コネクター Futaba / Frsky
BetaFPV Beta65S V2 Newバージョン 1S 65mm ブラシモーター BNF BT2.0コネクター Futaba / Frsky
※V2になって新しいFCとコネクターがBT2.0に替わっています。 ケースとバッテリー予備が2本付いたコンボです。 BetaFPV Beta65S V2 Newバージョン 1S 65mm ブラシモーター BNF BT2.0コネクター BNFです。 強化されたw0716 19000KVブラシモーターと最新VTXカメラ搭載 です。 S-FHSS(FUTABA)とFrskyのどちらかをお選び下さい。 安定飛行で初心者からプロまで楽しんでいただけます。0716 19000KVのトルクフル・パワフルなブラシモーターで安定性があるので初心者からレーサーまで利用できます。 あのチャンピオン中学生レーサーは基本この構成でレースで優勝しています。 超軽量のレシーバー内蔵FCにM01 AIO camera VTX(3g) モーターはBetaFPV 0716 19000KV ブラシモーター 1S300mAhのBT2.0バッテリー2個 付属します。 超軽量のFCで23g(バッテリーなし) ※テストフライト動作検証して出荷します。 ※FrskyはS-FHSS(FUTABA)用をこちらで切り替えます。スティック調整などはお客様でお願いします。 バインド方法 Futabaはプロポの電源を先にONしてください。 FrskyやFutabaなどのプロポのバインド状態にします。 バッテリーを繋いだままで赤丸のボタンをピンセットなどで押します。 離すと表の青キャノピー内のグリーンLEDが点滅します。この時バインド待ち状態です。 グリーンLED点灯でバインド完了です。 ベータフライト10.6.*以上に接続しMODE設定でスイッチの割当(ARMスイッチ/Modeスイッチ等)デフォルトではARMスイッチ(AUX1) Modeスイッチ(AUX2)になっています。 プロポのサブトリムやエンドポイントを調整してください。 ※BetaFright Configfator 10.6.*以上を使用してください。 ※FPVフライトのためにはアマチュア無線技士免許及び送信機の開設申請が必要です。 パッケージ内容 Beta65S BNF 1S300mAhのBT2.0バッテリー2個 VTX系統図 日本語マニュアル Frame: 65s frame V4 Weight: 25g (without battery) Flight Controller: BETAFPV F4 Brushed FC V2 Motor: 7x16mm Coreless Brush Motor, 19000KV Receiver: SPI FUTABA RX M01 AIO Camera 5.8G VTX Power connector: BT2.0 connector, AKA PowerWhoop connector Batterry: 300mAh 1S Lipo Battery Propeller: 31mm 3-blade propeller (0.8 shaft) Flight time: 3 min 30 second
¥11,800 SOLD OUT
【玄人向け】新バージョンBETAFPV Beta95X V3 Whoop Quadcopter  レシーバーAC900 / XM+(Futaba / Frsky)
【玄人向け】新バージョンBETAFPV Beta95X V3 Whoop Quadcopter レシーバーAC900 / XM+(Futaba / Frsky)
【玄人向け】BETAFPV Beta95X V3 Whoop Quadcopter レシーバーAC2000 / XM+(Futaba / Frsky) マニュアル無し レシーバーAC2000 / XM+(Futaba / Frsky)は2種類のうちから選んでください。 ※入荷時で仕様変更を行うことがあります。今回入荷の仕様 ファーム Betaflight 4.2.9 FC Toothpick F405 2-4S AIO Brushless Flight Controller 20A (BLHELI_32) V4 motor BetaFPV 1404 4500kv レシーバー AC2000 (AC900と同等) VTX BetaFPV M02 カメラ Caddx ANT SMO4Kカメラマウント付きセットです。 ※Insta360GO / 剥きプロカメラマウントは別途購入になります。 カメラはFPV用が付いていますがSMO4K カメラは付属しませんのでお客様でご用意下さい。 【玄人向け】マニュアルはありませんので下記URLをご参照に設定してください。 https://betafpv.com/collections/beta95x-v3-series/products/beta95x-v3-whoop-quadcopter?variant=34914572992646 SMO4Kカメラ https://betafpv.com/products/smo-4k-camera 初期設定とフライトチェックして送ります。VTX系統図付き SMO4Kを搭載できるマイクロドローン カメラはCamera: Betafpv EOS V2 Camera 1106 3800KV Brushless motor+FC: F4 AIO 20A Toothpick FC V4のD-SHOT1200対応ESCで4Sに対応 VTXも350mW。 超軽量:99.1g (バッテリーなし) ※初期設定後、Futabaでテストフライトして出荷します。 バインド方法 プロポをバインド待ち状態にして レシーバーAC900(S-FHSS/Frsky)XM+レシーバー(Frsky_X)のBINDボタンを押したままバッテリーを繋ぐ。 緑LEDが点滅します。この時バインド待ち状態です。 LED点灯でバインド完了です。 ※Betaflighit接続時は付属のL字USBアダプターボード USB Adapter Board for FCをお使い下さい。プロペラダクト内側面にUSBポートがございます。 ベータフライト10.4.*以上に接続しMODE設定でスイッチの割当(ARMスイッチ/Modeスイッチ等)デフォルトではARMスイッチ(AUX1) Modeスイッチ(AUX2)になっています。 プロポのサブトリムやエンドポイントを調整してください。 ※BetaFright Configfator 10.4.*以上を使用してください。 ※FPVフライトのためにはアマチュア無線技士免許及び送信機の開設申請が必要です。 Specification Item: Beta95X V3 Weight: 99g (without HD camera or battery) Wheelbase: 95mm Frame: Beta95X Frame FC: F405 Flight Controller & 16A BLHeli_32 ESC V2.0 VTX: M02 25-250mW 5.8G VTX Motors: 1106 3800KV Brushless motor Props: Gemfan D63 3-Blades Props Receiver Option: Frsky XM+ / DSMX / Futaba S-FHSS / TBS Crossfire Camera: BETAFPV EOS Camera FPV Camera Degree: 25°-45° Camera Mount Degree: 15° (Provide the STL file of 25° camera mount) Battery: 450mAh 4S battery(Not including) Flight time: About 3.5min with 450mAh 4S 75C battery (smooth flight in a windless environment) Package 1 * Beta95X V3 Whoop Quadcopter 1 * SMO4K Camera Mount 1 * Gemfan D63 5-blades Propellers(2CW+2CCW) 1 * USB Adapter Board for FC 1 * Adapter Cable for Customized Naked Camera AC900 / XM+ レシーバー 英語マニュアル VTX系統図
¥31,000 SOLD OUT
【玄人向け】BETAFPV Pavo30 Whoop Quadcopter レシーバーAC900 / XM+(Futaba / Frsky)
【玄人向け】BETAFPV Pavo30 Whoop Quadcopter レシーバーAC900 / XM+(Futaba / Frsky)
【玄人向け】BETAFPV Pavo30 Whoop Quadcopter レシーバーAC900 / XM+(Futaba / Frsky) マニュアル無し レシーバーAC900 / XM+(Futaba / Frsky)は2種類のうちから選んでください。 SMO4Kカメラマウント付きセットです。 ※Insta360GO / 剥きプロカメラマウントは別途購入になります。 カメラはFPV用が付いていますがSMO4K カメラは付属しませんのでお客様でご用意下さい。 【玄人向け】マニュアルはありませんので下記URLをご参照に設定してください。 https://betafpv.com/collections/all-drone/products/pavo30-whoop-quadcopter?variant=39308889489542 SMO4Kカメラ https://betafpv.com/products/smo-4k-camera 初期設定とフライトチェックして送ります。VTX系統図付き SMO4Kを搭載できるマイクロドローン カメラはCamera: ANT Nano camera 1505-3400KV Brushless motor FC: F722 AIO 35A FC VTXも350mW。 超軽量:150g (バッテリーなし) ※初期設定後、テストフライトして出荷します。 バインド方法 プロポをバインド待ち状態にして レシーバーAC900(S-FHSS/Frsky)XM+レシーバー(Frsky_X)のBINDボタンを押したままバッテリーを繋ぐ。 緑LEDが点滅します。この時バインド待ち状態です。 LED点灯でバインド完了です。 ※Betaflighit接続時は付属のL字USBアダプターボード USB Adapter Board for FCをお使い下さい。プロペラダクト内側面にUSBポートがございます。 ベータフライト10.4.*以上に接続しMODE設定でスイッチの割当(ARMスイッチ/Modeスイッチ等)デフォルトではARMスイッチ(AUX1) Modeスイッチ(AUX2)になっています。 プロポのサブトリムやエンドポイントを調整してください。 ※BetaFright Configfator 10.4.*以上を使用してください。 ※FPVフライトのためにはアマチュア無線技士免許及び送信機の開設申請が必要です。 Analog Camera & VTX Pavo30 whoop drone analog vtx version comes with Caddx ant camera, which is an analog FPV micro camera with 1200TVL Global WDR, only weight 2g. In addition, M02 25-350mW VTX is a high-quality 5.8GHz VTX including 25mW, 100mW, 200mW and 350mW. With 350mW output power, pilots can fly drones up to 600 meters away to explore more possibilities and fun. FC & ESC Equipped with the updated F722 2-6S 35A AIO FC(BLHeli_S), Pavo30 whoop drone totally supports a 4S battery for the stable and flexible flight experience. Come with a BETAFPVF722 processor FC, BetaFlight OSD, and 35A BLHeli_S ESC, this AIO flight controller offers more powerful flight performance that can push your FPV racer to the max. We highly recommend 750mah 4S battery for the drone, Pavo30 can get 6-8min flight time with it. Motor & Props Pavo30 pusher whoop drone analog vtx version equips with 1505-3400KV motor & HQ75 5-Blades. HD Digital VTX version comes with 1506-3000KV motor & Gemfan D76 5-Blades props, these 2 configurations achieve a perfect dynamic balance, which gives the drone more flexible and longer flying time. Pilots can enjoy powerful and stable flights with less noise. SMO4Kカメラのプロポ操作は画像参照(FUNFUN提供) Package (Analog VTX) 1 * Pavo30 Whoop Quadcopter 1 * HQ75 5-Blade Propellers(2CW+2CCW) 1 * 20mm FPV Camera Mount 1 * USB Adapter Board for FC 1 * Adapter Cable for Customized Naked Camera AC900 / XM+ レシーバー 英語マニュアル VTX系統図
¥29,700 SOLD OUT
【玄人向け】【ELRS】BetaFPV Meteor75 Pro Brushless Whoop Quadcopter (1S)
【玄人向け】【ELRS】BetaFPV Meteor75 Pro Brushless Whoop Quadcopter (1S)
ELRS 2.4G用ロングレンジモジュール 【ELRS】BetaFPV Meteor75 Brushless Whoop Quadcopter (1S) ※この製品は日本語マニュアルもなくかなり設定が難しいので【玄人向け】とさせていただきます。BetaFPVサイトで理解できる方のみご購入下さい。 【玄人向け】マニュアルはありませんので下記URLをご参照に設定してください。 https://betafpv.com/collections/expresslrs-series/products/meteor75-brushless-whoop-quadcopter-1s 【ExpresLRS Radio Link】 https://support.betafpv.com/hc/en-us/sections/4402604654873-ExpresLRS-Radio-Link 40mmプロペラと2.4G ELRS受信機、350mWのVTXでマイクロなのに長距離フライト可能 75サイズの1セルながら屋内および屋外でもフライト可能。 新型フレームに回転数を19500kvに下げ、フライト時間UPとトルクをアップ 2.4G ELRS受信機を内蔵! ※BT1S450mAhバッテリー2個付 Specification Item: Meteor75 Brushless Whoop Quadcopter FC&ESC: F4 1S AIO FC / F4 1S 5A FC (ELRS 2.4G) Frame: Meteor75 Frame Motors: 1102 18000KV motor / 0802SE 19500KV Motor (only for ELRS 2.4G version) Props: 40mm 3-Blade Propellers (1.5mm Shaft) / 40mm 2-Blade Propellers (1.0mm Shaft) Camera: C02 Micro Camera Receiver Option: Frsky XM / Futaba S-FHSS / TBS Crossfire / ELRS 2.4G VTX: Integrates 25mW VTX / M03 25-350mW VTX (only for ELRS 2.4G version) Battery: BT2.0 450mAh 1S 30C Battery Flight time: 3-4min Weight (Without Battery): 29.3g / 24.0g (ELRS 2.4G) Flight Controller We used to use the classical F4 1-2S AIO Brushless FC on the Meteor75 drone. Why not the lighter F4 1S AIO FC board? Updated with the new FC, which integrates the 25mW VTX, no need for soldering, easy to install. Meanwhile, it supports external receivers like TBS Crossfire, Frsky XM+ and Spectrum DSMX etc. njection Molded Canopy Since Meteor75 whoop drone, we will use an injection molded canopy, which is only 1.5g with a camera holder. Of course, much durable than the original canopy. Comes with a super Mini 5.8GHz FPV Transmitter + 800TVL C02 Camera+ RG178 Antenna, features 6 bands and 37 channels on the 5.8GHz band with Raceband, perfect for Meteor75. Motors 1102 18000KV motors have a great balance between weight and power on this tiny 75mm 1S whoop drones. Only 2.9g with connectors. With the high 18000KV value, it could have a great punch power even only 1S battery. Also, it adopts PCB connector to allow you to repair it easier once cables disconnected. Package 1 * Meteor75 Brushless Whoop Quadcopter (1S) 2 * 450mAh 1S 30C Battery with BT2.0 connector 1 * BT2.0 Battery Charger and Voltage Tester 1 * TypeC USB cable 1 * Customized Carry Case 1 * Spare 40mm 3-blade props (1.5mm Shaft) / Spare 40mm 2-Blade props (1.0mm Shaft) 1 * Screwdriver 系統図 ※日本語マニュアルは現在付きません。
¥15,800 SOLD OUT
【玄人向け】【ELRS】BetaFPV ELRS Lite Receiver アンテナの形状2種類から選択
【玄人向け】【ELRS】BetaFPV ELRS Lite Receiver アンテナの形状2種類から選択
ELRS 2.4G用ロングレンジモジュール 【ELRS】BetaFPV ELRS Lite Receiver ※Flat Antennaは不具合がありました。V1.1 修正済になっています。 以前Flat Antennaをご購入の方は交換しますのでご連絡ください。 ※この製品は日本語マニュアルもなくかなり設定が難しいので【玄人向け】とさせていただきます。BetaFPVサイトで理解できる方のみご購入下さい。 【玄人向け】マニュアルはありませんので下記URLをご参照に設定してください。 https://betafpv.com/collections/expresslrs-series/products/elrs-lite-receiver 【ExpresLRS Radio Link】 https://support.betafpv.com/hc/en-us/sections/4402604654873-ExpresLRS-Radio-Link Nano RX or Lite RX What is the major difference between Nano receiverand Lite receiver? Nano receiver (2.4G version) is the first and (so far) the only receiver with power amplifier (PA+LNA). It has 100mW telemetry output and better sensitivity when longer range. Lite receiver doesn't have a PA/LNA on them, so its telemetry power is as what the RF chip SX1280 came with 17mW. Beside, Nano receiver comes with normal external Dipole T antenna. Lite receiver has SMD ceramic antenna and in theory it is not so long range. High recommend the Nano receiver if the space is enough. On 65-85mm whoop drones with limited space and need light weight, Lite receiver is a better choice. Specification Weight: 0.47g (with SMD ceramic antenna) Size: 10mm*10mm Telemetry power: 17mW Frequency bands (Nano receiver 2.4G version): 2.4GHz ISM Input voltage: 5V Antenna: Integrated SMD ceramic antenna Package 1 * BETAFPV ELRS Lite receiver 2 * Spare shrink tube 4 * 30awg silicon connection wires (1 black, 1 red, 1 white, 1 yellow)
¥2,200
【玄人向け】【ELRS】BetaFPV F4 1S 5A AIO Brushless Flight Controller (ELRS 2.4G)
【玄人向け】【ELRS】BetaFPV F4 1S 5A AIO Brushless Flight Controller (ELRS 2.4G)
ELRS 2.4G用ロングレンジモジュール 【ELRS】BetaFPV F4 1S 5A AIO Brushless Flight Controller (ELRS 2.4G) ※メーカー出しを通電確認してそのまま送ります。 ※VTXは内蔵ではありません。 ※この製品は日本語マニュアルもなくかなり設定が難しいので【玄人向け】とさせていただきます。BetaFPVサイトで理解できる方のみご購入下さい。 【玄人向け】マニュアルはありませんので下記URLをご参照に設定してください。 https://betafpv.com/collections/expresslrs-series/products/f4-1s-5a-aio-brushless-flight-controller-elrs-2-4g 【ExpresLRS Radio Link】 https://support.betafpv.com/hc/en-us/sections/4402604654873-ExpresLRS-Radio-Link ロングレンジELRS受信機内蔵のAIOフライトコントローラー SPECIFICATIONS OF FC CPU: STM32F411CEU6 ( 100MHZ ) Six-Axis: ICM-20689/MPU-6000 Built-in Receiver: SPI ExpressLRS 2.4G Receiver antenna: 2.4GHz SMD ceramic antenna Size: 29mm x 29mm, fully mounting pattern compatible with the whoop frame in the current market Firmware version: betaflight_4.3.0_STM32F411_norevision OSD: Built-in BetaFlight OSD Recommend VTX: >=200mW, like BETAFPV M03 350mW VTX or TBS Unify VTX Power Cable: 55mm, with BT2.0 connector Weight: 3.13g (no power cable included) SPECIFICATIONS OF ESC Power supply: 1S Current: 5A continuous and peak 6A (3 seconds) Support BLHeliSuite programmable Factory firmware: O_H_5_48_REV16_8.HEX Signal Support: D-shot150, D-shot300, D-shot600, Oneshot125, Multishot, PWM Betaflight Firmware and CLI Since Betaflight has not yet released the official firmware that could supports the SPI ExpressLRS protocol, the current version is the Beta version. Please use the firmware and the CLI dump file below to recovery the FC board if needed. Betaflight will update to their official target soon. Please feel free to contact with us if you have any issues with this Beta version Firmware. It is normal that there is no any option on Betaflight Configurator Receiver. As show below, the checkbox is blank. PACKAGE 1 * F4 1S brushless flight controller (BT2.0 Connector) 4 * M1.2x4mm screws 4 * M1.4x5mm screws 4 * Anti-vibration rubber dampers
¥5,800 SOLD OUT
【訳あり】BetaFPV Meteor75 V2 1S 75mm Brushless Whoop (FC交換F4 AIO 1S用) ケース付 Futaba / Frsky
【訳あり】BetaFPV Meteor75 V2 1S 75mm Brushless Whoop (FC交換F4 AIO 1S用) ケース付 Futaba / Frsky
【訳あり】BetaFPV Meteor75 V2 1S 65mm Brushless Whoop (FC交換F4 AIO 1S用) ケース付 Futaba / Frsky ※訳あってFCをF4 AIO 1S用に交換しMeteor75V2設定にしています。 専用ケース・BT2.0バッテリー2本・スペアプロペラ・ドライバー付属です。 VTX・コネクタ式RXレシーバー(Futaba/FrskyX)内蔵の最新オールインワンF4 1S FC搭載 ボールベアリング仕様では無い軽量の1102-18000KVモーター採用 KigaruDroneセッティング: マイルドな仕様で初心者からレーサーまで対応出来る機体にしました。 FrskyとS-FHSS(FUTABA)のどちらかをお選び下さい。 安定飛行で初心者からプロまで楽しんでいただけます。 1102-18000KVのパワフルなモーターと75サイズ4mmプロペラで 屋内・屋外共でハイスピード・ハイパワーでフライト出来ます。 超軽量のFCで28.7g(バッテリーなし) ※テストフライとして動作確認し出荷します。 ※FrskyはS-FHSS(FUTABA)用をこちらで切り替えます。スティック調整などはお客様でお願いします。 バインド方法 Futabaはプロポの電源を先にONしてください。 バッテリーを繋いだままで赤丸のボタンをピンセットなどで押します。 離すと青丸の緑LEDが点滅します。この時バインド待ち状態です。 FrskyXやFutabaなどのプロポのバインド状態にします。 LED点灯でバインド完了です。 ベータフライト10.5.*以上に接続しMODE設定でスイッチの割当(ARMスイッチ/Modeスイッチ等)デフォルトではARMスイッチ(AUX1) Modeスイッチ(AUX2)になっています。 プロポのサブトリムやエンドポイントを調整してください。 ※BetaFright Configfator 10.5.*以上を使用してください。 ※FPVフライトのためにはアマチュア無線技士免許及び送信機の開設申請が必要です。 パッケージ内容 Meteor75 BNF 専用ケース BT2.0 1S450mAhのHVバッテリー2個 スペアプロペラ ドライバー 日本語簡単マニュアル VTX系統図
¥11,730 SOLD OUT
【玄人向け】【ELRS】BetaFPV HX115 LR Toothpick Drone (1S)
【玄人向け】【ELRS】BetaFPV HX115 LR Toothpick Drone (1S)
ELRS 2.4G用ロングレンジモジュール 【ELRS】BetaFPV HX115 LR Toothpick Drone (1S) ※この製品は日本語マニュアルもなくかなり設定が難しいので【玄人向け】とさせていただきます。BetaFPVサイトで理解できる方のみご購入下さい。 【玄人向け】マニュアルはありませんので下記URLをご参照に設定してください。 https://betafpv.com/collections/expresslrs-series/products/hx115-lr-toothpick-drone 【ExpresLRS Radio Link】 https://support.betafpv.com/hc/en-us/sections/4402604654873-ExpresLRS-Radio-Link 2インチプロペラと2.4G ELRS受信機、350mWのVTXでマイクロなのに長距離フライト可能 1Sで屋内および屋外でもフライト可能。 フライト時間UPとトルクをアップ 2.4G ELRS受信機を内蔵! ※BT2.0 1S 450mAhバッテリー1個付 Specification Item: HX115 LR Toothpick Drone Wheelbase:126mm Weight:44g Motor:1102-18000KV Charge connector:BT2.0 connector Propeller: HQ 3020 2-Blade Propellers 1.5mm Shaft Flight controller:F4 1S 12A AIO FC with ELRS 2.4G Receiver Battery: BT2.0 450mAh 1S Battery VTX: M02 25-350mW 5.8G VTX Camera: Caddx ANT camera Camera Tilt Degree:0-60° Receiver: Built-in ExpressLRS 2.4G Receiver Flight time:3-5min with BT2.0 450mAh 1S Battery / 15min+ with Sony VCT6 3000mAh battery PACKAGE 1 * HX115 LR Toothpick Drone 1 * BT2.0 450mAh 1S Battery ( 18650 battery and battery bay are NOT included) 1 * set of HQ 3020 2-Blade Props 系統図 ※日本語マニュアルは現在付きません。
¥17,500
【玄人向け】【ELRS】BetaFPV ELRS Nano TX Module 【日本技適対応品】
【玄人向け】【ELRS】BetaFPV ELRS Nano TX Module 【日本技適対応品】
ELRS 2.4G用ロングレンジモジュール 【ELRS】BetaFPV ELRS Nano TX Module 【日本技適対応品】 ※この製品は日本語マニュアルもなくかなり設定が難しいので【玄人向け】とさせていただきます。BetaFPVサイトで理解できる方のみご購入下さい。 【玄人向け】マニュアルはありませんので下記URLをご参照に設定してください。 https://betafpv.com/collections/expresslrs-series/products/elrs-nano-tx-module 【ExpresLRS Radio Link】 https://support.betafpv.com/hc/en-us/sections/4402604654873-ExpresLRS-Radio-Link BETAFPV Nano RF TXモジュールは、RCアプリケーション用のオープンソースRCリンクであるExpressLRSプロジェクトに基づいています。 ExpressLRSは、速度、遅延、および範囲の両方で可能な限り最高のリンクパフォーマンスを実現することを目的としています。 これにより、ExpressLRSは、長距離のパフォーマンスを提供しながら、利用可能な最速のRCリンクの1つになります。 仕様 パケットリフレッシュレート:25Hz / 50Hz / 150Hz / 250Hz / 500Hz(2.4GHz) RF出力電力:100mW / 250mW / 500mW 周波数帯(ナノRFモジュール2.4Gバージョン):2.4GHz ISM 周波数帯(ナノRFモジュール915MHz / 868MHzバージョン):915MHz FCC / 868MHz EU 入力電圧:5V〜12V USBポート:Type-C ダイアグラム BETAFPV Nano RFモジュールは、nanoモジュールベイ(別名liteモジュールベイ、Frsky Taranis X-Lite、Frsky Taranis X9D Lite、TBS Tango 2など)を備えた無線送信機と互換性があります。 ファームウェアをアップグレードする 弊社製のNanoレシーバーとTXモジュールのストックファームウェアはELRSV1.0.0-RC5(5番目のリリース候補版)です。 ELRS Innovativeチームは、7月17日に最初のメジャーバージョンV1.0.0を正式にリリースしました。 いくつかの更新があります: 2.4G NanoTXモジュールは500Hzのリフレッシュレートをサポートします。 Nanoモジュールのボタンを3回短く押すと、バインド状態になります。 TXモジュールとレシーバーを最初のメジャーバージョンV1.0.0にアップグレードすることを強くお勧めします。 また、パイロットは、可能であれば、このGithubページで最新のリリースバージョンを確認できます。 ノート: 1. TXモジュールとレシーバーは同じELRSバージョンである必要があります。そうでない場合、バインディングは失敗します。 2.TXモジュールはWiFi経由のアップグレードをサポートしていません。 ExpressLRSConfiguratorを使用してファームウェアをアップグレードしてください。 ELRS RX / TXのファームウェアをフラッシュする方法のユーザーマニュアル。 基本構成 ExpressLRSは、Crossfireシリアルプロトコル(別名CRSFプロトコル)を使用して、無線送信機とNanoTXモジュール間の通信を行います。 したがって、無線送信機がCRSFシリアルプロトコルをサポートしていることを確認してください。 OpenTXシステムで無線送信機を使用して、CRSFプロトコルとLUAスクリプトを設定する方法を示します。 これを設定するには、OpenTXシステムでモデル設定を入力し、[モデル設定]タブで[内部RF]をオフにします。 次に、「外部RF」を有効にし、プロトコルとして「CRSF」を選択します。 ExpressLRSは、OpenTX LUAスクリプトを使用して、バインドやセットアップなどのTXモジュールを制御します。 LUAスクリプトを使用すると、パイロットはNano RFTXモジュールのいくつかの構成を確認および設定できます。 詳しくはサポートページをご覧ください。 ELRS.luaスクリプトファイルを無線送信機のSDカードのScripts / Toolsフォルダーに保存します。 「SYS」ボタン(RadioMaster T16または同様の無線機の場合)または「メニュー」ボタン(Frsky Taranis X9Dまたは同様の無線機の場合)を長押しして、ワンクリックで実行できるELRSスクリプトを見つけることができるツールメニューにアクセスします。 以下の画像は、LUAスクリプトが正常に実行されたことを示しています。 バインドおよび出力電力 Nano TXモジュールは、ELRSを介してバインディングステータスに入る可能性があります。 「LUAスクリプト」の章で説明されているLuaスクリプト。 さらに、モジュールのボタンを短く押すと、バインディングステータスに入る可能性があります。 注:バインディングステータスに入るとき、LEDは点滅しません。 モジュールは、5秒後に自動でバインディングステータスを終了します。 短く連続して3回押してバインドします。 Nano RF TXモジュールは、ELRSを介して出力電力を切り替えることができます。 「LUAスクリプト」の章で説明されているLuaスクリプト。 また、モジュールのボタンを長押しすると、出力電力が切り替わる場合があります。 以下に示すように、RFTXモジュールの出力電力とLED表示。 LED Color RF output power Blue 100mW Purple 250mW Red 500mW BETAFPV ELRS Nano TX module user manual download. セット内容: 1 * BETAFPV ELRS Nano TX module 1 * BETAFPV Moxon antenna 1 * Nano TX module user manual
¥5,580 SOLD OUT
KigaruDrone

メールマガジンを受け取る